いやなことあった日には取りあえず寝るに限る。

2014年08月13日

心がめげた日には何はさておき、寝ることにしています。ぐっすり眠ると心と体の疲れが取れて、心がめげた原因を客観的に見ることができるからです。落ち着いて考えればたいしたことではなかった、と引きずらずに済みますもんね。

 

でもでも、寝ようと思ってもなかなか眠れないことってありますよね。

 

一番気持ちのいい眠りはお昼寝。まどろみながら、うとうとっとするのは至極のひとときです。この究極の眠りを手に入れるために、かわいいクッションを揃えてみるというのはいかがでしょうか。

 

マリメッコのカラフルクッションがおすすめです。

このかわいいクッションをまくらに、お昼寝できると思っただけで、簡単に眠れるようになりますよ。

 

クッション−2

 

クッション−1

 

人間の脳からは、脳波なるものが出ているそうなんですが、普段はβ波、眠りに着く前のまどろんでいる状態の時にはα波、完全に眠るとθ波が出ているそうです。

 

このまどろんでいる時のα波を、普段出せるようになると、または、出そうとすると、優しい気持ちになって、心が穏やかになってきます。

 

そろそろ私も眠くなってきました。

 

窓の外には、夏真っ盛りの瑞々しい緑の葉っぱが、爽やかな風にそよいでいるのが見えます。

この葉っぱ、何日かすると、はらぺこあおむしならぬけむしくんに、すっかり食べられて、丸裸になるんですよ。ま、これも自然の営みなんですが。。。zzz

 

tree-2

 

tree-3

PAGE TOP ↑